「Programming」タグアーカイブ

「ポートピア連続殺人事件」のテキストを抜き出すpythonコード

聖闘士星矢に続いて、ポートピアのテキスト部分を抜き出してみました。
ポートピア連続殺人事件のバイナリイメージと、Python3系の実行環境が必要となります。

portopia.pyとかいう名前でコードを保存して、

python portopia.py portopia.nes(バイナリファイル名)

とかいう感じで実行して下さい。
portopia.nes_dic.txt(辞書ファイル)
portopia.nes.txt(辞書を適応した変換後のテキストファイル)
の2ファイルができあがります。
辞書ファイルにはよく使われる単語(登場人物の名前や証拠品、地名など)とか、言い回し(「あやしい」「いました。」「それいじょうのことは」など)、コマンド名などが収納されていて、テキスト部分の容量を節約するのに一役買っているようです。

単語辞書やテキストエリアの開始/終了アドレスなどは決め打ちで書いてるので、もしROMにバージョン違いがあったら、正常動作しないかもしれません。

portopia.py
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
import sys
 
argvs = sys.argv
argc = len(argvs)
 
for i, s in enumerate(argvs):
    print('%d:%s' % (i, s))
 
if (argc < 2):
    print('Usage:>python %s [nesfile]' %argvs[0])
    quit()
 
str_after = \
'0123456789あいうえおか'\
'きくけこさしすせそたちつてとなに'\
'ぬねのはひふへほまみむめもやゆよ'\
'らりるれろわをんッロハカウゃゅょ'\
'っべイスタナフホマヤラー゛゜、。'\
'「‥!?・…→↓ヒ#*Aトアンリ'
offset = 0x00
 
def str2dic(dics, string, offset):
  for i, s in enumerate(string):
    dics[offset + i] = s
 
dics = {}
str2dic(dics, str_after, offset)
del dics[0x57]
dics[0xfb] = '(間)'
dics[0xfd] = '(人/アイテム名)'
dics[0xfe] = '\n'
dics[0xff] = ' '
 
kana_dic = {
  0x4c:['かきくけこさしすせそたちつてとはひふへほ'\
        'カキクケコサシスセソタチツテトハヒフヘホ',\
        'がぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼ'\
        'ガギグゲゴザジズゼゾダヂヅデドバビブベボ'],
  0x4d:['はひふへほハヒフヘホ', 
        'ぱぴぷぺぽパピプペポ']
}
 
with open(argvs[1], 'rb') as f:
    read_data = f.read()
 
#単語辞書の作成
dic_word = {}
dic_begin = 0x60
dic_end = 0xea
dic_address_from = 0x3e9e
dic_address_to = 0x44bd
tmp = ''
i = dic_begin
for c in read_data[dic_address_from:dic_address_to]:
  if c in kana_dic.keys() and len(tmp) > 0:
    #濁音・半濁音変換
    if tmp[-1] in kana_dic[c][0]:
      j = kana_dic[c][0].find(tmp[-1])
      tmp = tmp[0:-1] + kana_dic[c][1][j]
  elif c in dics:
    tmp += dics[c]
  else:
    dic_word[i] = tmp
    i += 1
    tmp = ''
 
#単語辞書ファイル出力
with open(argvs[1] + '_dic.txt', 'w') as f:
  for k, v in dic_word.items():
    f.write("%04X[%s]\n" %(k, v))
 
#単語辞書を変換表に反映
for i in range(dic_begin, dic_end+1):
  dics[i] = dic_word[i]
 
text_begin = 0xd92
text_end = dic_address_from
#素のテキストと辞書の該当単語を変換
with open(argvs[1] + '.txt', 'w') as f:
  tmp = ''
  hexs = ''
  is_bracket = False
  for i,c in enumerate(read_data[text_begin:text_end]):
    if (len(tmp) == 0):
      address = i + text_begin
 
    if c in kana_dic.keys() and len(tmp) > 0:
      #濁音・半濁音変換
      if tmp[-1] in kana_dic[c][0]:
        j = kana_dic[c][0].find(tmp[-1])
        tmp = tmp[0:-1] + kana_dic[c][1][j]
    elif c in dics:
      hexs += '%02X' % c
      t = dics[c]
#      if c in range(dic_begin, dic_end) and c not in range(0xd1,0xea):
#        t = '{%x:%s}' % (c, dics[c])
      tmp += t
      if '「' in dics[c]:
        is_bracket = True
    elif len(tmp) > 1:
      if is_bracket:
        tmp += '」'
      f.write("0x%x\n%s\n%s\n" % (address, hexs, tmp))
      tmp = hexs = ''
      is_bracket = False
    else:
      tmp = hexs = ''

ArduinoからYMZ294のエンベロープを操作のシンプルなやつ

2年前の記事に質問頂いたので、回答も兼ねて久しぶりにArduinoのスケッチを書きました。

前にYMZ294のエンベロープをいじった時は、MMLの解釈部分や外部入力からエンベロープを操作する部分など、やや複雑になっていたので、今回は出来る限りシンプルにしてみました。

こんなよーな音が出ます。
続きを読む

Arduino UNO+MIDIキーボードで3和音鳴らしてみる

YMZ294のMIDI音源化と、YMZのピン数圧縮 | curious4dev
ArduinoでMIDI音源を作ってみた(改) | メモとか倉庫とか(仮)
こちらの記事を読んで興味が出たので、自分でもMIDIキーボードをつなげて、とりあえずArduino Tone Libraryで矩形波を3音鳴らしてみました。
続きを読む

Arduino+YMZ294を2発でステレオサウンド

こーいう音が出ます。魔界塔士SaGaのタイトル画面の曲(の冒頭2小節の繰り返し)

回路図とブレッドボードの配置はこんな感じ
ymz294x2_breadboardymz294x2_circuit
一見ややこしそうですが、YMZ294の1,2番(WRとCS)以外は全部、そのまま平行してつなげちゃえば良いということです。
続きを読む