【ゆゆゆ関連 04】「鷲尾須美は勇者である」を買ってきて読んだ

ウチの近所は前日売りしてる店とかないので、今日買ってきました。
アニメ「結城友奈は勇者である」の11話も見ました。
いよいよもって、アニメとラノベの感想たれ流しブログの様相です。

以下、例によってアフィリエイトでネタバレを防止します。
つかこの本、Amazonで「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」になってるんですね。なんという売れ行き。


ただの思いつきで作った一発ネタだったのに、まさかアニメ本編がタイトーシューティングのエンディングのような展開になるとは。シャレがシャレにならねえ……
「イデオンかよ!」「ガンド・ロワかよ!」と画面に向かってツッコミを入れたかった。
そんな事を考えてる間に夏凛が、嗚呼。イヤな予想、当たりまくり。10話の時の次回予告の「勇者部五か条ひとぉぉぉぉぉつ!」聞いて、あれ、これヤバくないか?って思ってたのがもうイヤというほど。
本当にこのアニメを作ってる人達は、視聴者の思考のコントロールに長けていますねえええええ(ぼうよみ

書籍の方の話。
勇者御記の答え合わせとかはしません。読めば全部書いてあることですので。
まだ読んでない人は私の文章よりも原本を読むべきだし、すでに読んでいる人は私の文章を必要としないでしょう。

ああでもやっぱ一か所だけ。気になった、というか、このタイミングですごく気になるように意図的に仕組んでると思うんですが。
P169のラスト3行。書き下ろしの部分の最後。園子は、いつ、誰と、この会話をしているんだ?


コメントを残す