お茶とコーヒー(おまけ)

ちょっと背の高いコーヒードリッパー買い直しました。

400円しないくらいだったから、最初からこっち買えばよかったな。

さて、今回は、メインの飲み物をペットボトルから、お茶・コーヒーに代えて変わった事など。

まず、一番分かりやすいのは、何と言ってもゴミの量が減ったこと。ワンルーム押し入れなし物件に住んでる身には、何十リットルサイズの資源ゴミ袋を、指定の曜日まで部屋に置いとかなきゃいけない、というのは結構めんどっちい事です。
ペットボトル→茶がらやコーヒーがら(そんな言葉があるのか知らんが)なんて、比較にならんほどのダウンサイジングです。

それから、有り物を買って来るよりも、自分で淹れた飲み物はやはり美味しく感じます。
手間は多少かかりますが、何かに行き詰まった時に喫煙者がタバコで一服するように、ひと手間かけてお茶を淹れる、それだけで結構な気分転換になります。ずっと机に向かっているよりも、いいアイディアが浮かぶかもしれません。

金銭的な意味ではどっこいどっこいですね。
ホームセンターやAmazonなどで2リットルのペットボトルを箱買いする方が安いかもしれません。
しかし、良くも悪くもペットボトルはずっと同じ味なので、飽きます。自分で淹れる飲み物には必ず「ぶれ」があります。さらに、1種類の茶葉・コーヒー豆で様々な淹れ方があるのも魅力です。
茶葉ならストレート、ミルクティー、レモンティー、水出しなど。抽出時間の差で味が大きく変化するなど、ザラです。
コーヒーも道具さえ揃っていれば、ブラック、カフェオレ、エスプレッソなどの淹れ方の違いや、豆の挽き具合でも味が変わってくるでしょう。
だから飽きがなかなか来ない、というのは利点と言えるでしょう。

ちなみに私、緑茶の茶葉でチャイを淹れたことがあります。抹茶ミルクの味がしました。当たり前ですね。
最近、コメダ珈琲ではほうじ茶フロートなどのチャレンジャブルなメニューが増えてきた様です。私も試してみねば(やらんでいい
ほうじ茶フロートはともかくとして、お店ではできないようなメニューを試してみるのはけっこう楽しいです。

最後に、これは期待値込みではあるんですが、ダイエット効果が結構あるように思います。
ミルクティーやカフェオレになんぼ砂糖入れても、コーラやMAXコーヒーに比べれば大した量ではないでしょう。
あと、お茶だのコーヒーだのを食間にがぶがぶ飲んでるので、メシの時に空きっ腹で大盛りをガツガツ食う、ということが減りました(ゼロではないですが)。
これがなかなかの効果をあげていて、かつては80kgをマークしていた体重が、63〜64kgくらいに減りました。
それでも私の身長からすると、いまだに軽度肥満ではあるんですが……まあそれはおいおい。

ドリッパー買うついでにコーヒーミルの実物を色々見てきました。
ポーレックスのミルが、ハリオのセラミックスリムと比べても一回りコンパクトでよさ気でしたね。すぐには買えないですけど。
ザッセンハウス(メリタ)のミルはちょうカッコ良くてコンパクトなんですが、値段もべらぼうでした。

ちなみに3年ちょっと前のわたくし
バカズライフ: コカコーラのキャンペーンでペーパーギターを当てる
自分で見て自分で引くわこれ……


コメントを残す