水戸黄門(SUNSOFT-2)をKazzo(anago)でdumpするスクリプト

探しても見つからなかったので、unagi用のスクリプト(sunsoft2b.ud)を参考にして、anago用のスクリプトを書きました。

sunsoft-2.ad(ファイル名から”_.txt”を除いて使用してください)

board <- {
	mappernum = 89,
	cpu_rom = {
		size_base = 0x20000, size_max = 0x20000
		banksize = 0x20000
	},
	ppu_rom = {
		size_base = 0x20000, size_max = 0x20000,
		banksize = 0x20000
	},
	ppu_ramfind = false, vram_mirrorfind = false
};

function cpu_dump(d, pagesize, banksize)
{
	for(local i = 0; i < 7; i++){
		cpu_write(d, 0xc000, i << 4);
		cpu_read(d, 0x8000, 0x4000);
	}
	cpu_read(d, 0xc000, 0x4000);
}

function ppu_dump(d, pagesize, banksize)
{
	for(local i = 0; i < 0x100; i += 0x80){
		for(local j = 0; j < 8; j++){
			cpu_write(d, 0xc000, i | j);
			ppu_read(d, 0, 0x2000);
		}
	}
}

今更需要がそんなにあるとも思えないのですが、せっかく書いたので一応公開しておきます。


コメントを残す