忍殺ED担当ミュージシャンの曲を聴く(4)

(3)からの続き。

出た。買った。聴いた。

CDも出たし、今回で一応このシリーズはおしまいです。
ニンジャスレイヤー・フロムアニメイシヨン9話~13話のエンディング担当ミュージシャンについて。

9話ED 80KIDZ – Hide
80KIDZのApple Musicリスト
シングル

EP

アルバム

プロデュース作品

はじめての80KIDZ プレイリストあり

9話EDの「Hide」自体はめちゃめちゃノイジーな音で構成されているのにすごくノれる曲。
重低音効かせまくって、大音量で聴いてみたいです。

Apple Musicにある楽曲は、デステクノ/ガバ方面に片足突っ込んでるのもあり、クラブ系のオサレテクノというかハウス系もあり、他にアーティストのプロデュース作品ありと盛りだくさん。
デス系っぽいのはシングル『80:01』の「Abdullah」や、『80:02』の「Bass 9」あたりがそう。

最新盤の『FACE』と、そのリミックス『FACE:REMODEL』はおしゃれ汁とかおしゃれ光線のようなものが大量に分泌されていて、ウカツに聴くとおしゃれ時空に引き込まれて死にそうになります(なった)。

また、7話EDのShinichi Osawa氏と同様、『ハウス・ディズニー』にもパイレーツ・オブ・カリビアンの「彼こそが海賊」のリミックスで参加しています。

10話ED Sawagi – Jag Jag
Apple Musicでの登録なし。iTunes Store(聴き放題ではありません)の販売はあり。

SawagiのiTunes Storeリスト
アルバム

こちらもギターは歪みまくりではあるものの、爽やかさを感じさせるインストゥルメンタル。
中盤~後半の乱打されるドラムがカッチョ良いです。

11話ED Boris – AURASHI NO KEN
1話ED「キルミスター」のBoris再登場です。一応Apple Musicへのリンクを再掲しておきます。
BorisのApple Musicリスト
シングル

EP

アルバム

コラボ

「AURASHI NO KEN」も7,9,10話に引き続きインストゥルメンタル曲。フロムコンピレイシヨン版ではアニメ本編の音声がサンプリング使用されています。
躍動感溢れるリズムはなんとなくムーンライダーズ「馬の背に乗れ」(『MOONOVER the ROSEBUD』のTr.9)っぽい感じ。

そいえばApple Music/iTunes Storeには登録されてないんですが、灰野敬二 WITH BORISというコラボもしているそうで。
一度聴いてみたいものです。

こちらはBoris関係無いですが、灰野敬二がハーディ・ガーディを演奏しているところ。

12話ED skillkills – NEO CYBER MADNESS
Apple Musicでの登録なし。iTunes Store(聴き放題ではありません)の販売はあり。

SawagiのiTunes Storeリスト
アルバム

フロムコンピレイシヨンの歌詞カード見て初めて気付いたんですが、ものすごい密度で忍殺語が使われています。

おまけ

13話ED Drop’s – Purple My Ghost
Drop’s (2011)

Apple Musicに登録されている1st『Drop’s』は高校三年生の時にリリースされたものとのことですが、これをガールズバンドと呼んでいいものかどうか……
歌謡曲や演歌とブルースの雰囲気を併せ持った、とても渋いバンドです。


見た目と歌声が一致しません……


コメントを残す