忍殺ED担当ミュージシャンの曲を聴く(1)

主にApple Musicで聴きます。

色んな意味で視聴者が度肝を抜かれた「ニンジャスレイヤー・フロムアニメイシヨン」。私は毎週欠かさず見ています。
そのエンディング曲(毎回変わる)を集めたコンピレーション・アルバムが出るんですけども、

それに先駆けてApple Musicで各ミュージシャンの曲を聴いてみようとかそういうアレです。

1話ED Boris – キルミスター

BorisのApple Musicリスト
シングル

EP

アルバム

コラボ


シングル、アルバム共に2,3枚聴いてみたところ、全体的に感じるのは「重さ」。決して日常生活のBGMには向かないタイプの音楽。
ところどころフォークソング的な暗さを感じさせる部分もあり、やはり重い。
ニンジャスレイヤーに提供された「キルミスター」はかなりポップな部類に入ります。

メルツバウとコラボしているアルバム『Sun Baked Snow Cave』は1トラックのみで1時間超えという大作。

2話ED Melt-Banana – Halo Of Sorrow
Melt-BananaのApple Musicリスト
シングル集

アルバム

ライブ盤

コラボ

はじめてのメルト・バナナプレイリストあり

高速なリズム、ノイジーなサウンド、もはやボーカルの体をなしていない甲高い叫びが相まって、ものすごく凶暴なイメージ。

こちらは「Halo Of Sorrow」のライブバージョン。

かつて、Kraftwerkのトリビュート盤「ミュージック・ノン・ストップ」にも参加。Showroom Dummyをカバー。

石野卓球やヒカシュー、明和電機といった「テクノポップ」勢の中でひときわ異彩を放っていました(というか、原曲がまるで残っていない)

今年(2015年)5月に出たばかりの『Return of 13 Hedgehogs』ではDEVOの1stより「Uncontrollable Urge(狂気の衝動)」をカバー。これがカバーとは思えないほどぴったりで驚く。
初めからMelt-Bananaの曲だったのではないか?と勘違いしそうになるほどの相性の良さ。

この話は長くなるのではないか?ボブは訝しんだ。(続く)


コメントを残す