ジャズ喫茶デビュー

タイトルの通り、ジャズ喫茶に行ってきました。栄のテレビ塔から道挟んで真東にある店です。
検索すれば簡単に出てくると思うので、あえて情報は書きません。

そのジャズ喫茶はブラインドで外から全く中の様子が分からなくなっており、大変に入りにくい、という印象。南向きの窓辺から太陽がさんさんと降り注ぐジャズ喫茶ってのがあったら、それはそれでイヤですが。
実際の話、一度は店の場所だけ確認して、近所のセントラル画材にだけ寄って、そのまま帰宅してしまいました。
つか、コメダとかスタバとかじゃない、スタンドアロンな喫茶店自体入ったことなかった。ビビリなもので。

二度目にして何とか入店。
狭い、というのが第一印象。席数もそんな多くないんですが、運良く空席がありました。
ちなみにイスは木製でクッションなどはなく、長時間座ってると尻が痛くなるやつです。
チキンライスが有名らしいので、サラダと飲み物のセットを注文。1,100円と、ランチにしてはそれなりに値段がお良ろしい。

もちろん店内には結構な音量でジャズがかかっています(多分アナログ盤)。
隣のテーブルで女子会的な何か(年齢が30歳くらいから60歳くらいまでバラバラであった)が執り行われていますが、それがあまり耳に入ってこない程度の音量です。

サラダは普通ですが、チキンライスはなかなかのボリューム。よーするにオムライスのオム部分の無い、ケチャップ炒めライスなんですが、バターの風味が強くて美味しい。
ジャズ喫茶に味はまったく期待してなかったので、これは嬉しい。

食後はセットの飲み物を飲みながら読書。待ちの人もいるようなので、サクッと飲んであまり長居もせずに店を出ました。

ジャズ自体はそれこそスウィングガールズで使われていたような曲や、誰でも知っているようなスタンダードナンバーしか分からないのですが、知らない曲しか流れていなくても店内は居心地の良い雰囲気。
混んでない時間帯にまた行きたいですね。

メニューにはアルコール類もあるので、夜はまた違う雰囲気になるのでしょう。

どうでもいいですが、私が聴いた数少ないジャズのアルバムの中で一番好きなのがこれ。

iTunesで試聴できるようなのでまずはそちらからどうぞ。
ピアノとビブラフォンの絡みがすごいキレイで良いです。ジャズに限らずクラシックでも映画のサントラでも、木琴、鉄琴、チェレスタとかの音はたまんないですね。

さて、ジャズ喫茶は経験したので、次は生演奏があるようなジャズクラブやロックバー、ゆくゆくはDJの人がいる感じのクラブや、知ってる曲やバンドが一切出てこない様なライブハウスにも足を運んでみたいものです。


コメントを残す